header

会社概要

ごあいさつ

フロン資源の循環型社会をめざして

資源を持たない日本にとって、フロンも限りある貴重な資源。しかしながら回収したフロンの80%が破壊され,その分を新たに輸入しているのが、わが国の現状です。
私ども中京フロングループは2006年より他に先駆けてフロンの再生処理の取り組みも開始。現在は東京・愛知・大阪・富山・茨城・静岡の6拠点でフロン類再生業許可を取得しています。とくに旧来のR22の代替冷媒・R410Aの再生事業所としては国内11事業所中6事業所までが当グループであり、まさにフロン類再生のパイオニアとして47都道府県で年間350トン超を受入・回収し、うち150トンを再生して資源の有効活用に努めております。
こうしたフロン類の国内循環でネックとなるのは物流面の安全性とコストであり、その解消に向けて2020年までに、さらに全国で9つの再生拠点を展開。北海道から東北、信越、関西、九州、そして沖縄へも再生ネットワークを拡大し、いわばフロン回収・再生の「地産地消」を実現する循環型社会を提案してまいります。
さらにSF6の液化回収や臭化リチウム(LiBr)の回収でも国内有数の実績を誇り、とくにSF6は、国のものづくり補助金を得て4分割の可搬式回収装置を独自に開発。全国の電力会社の回収ニーズに応え、社会インフラの維持に貢献します。

「今、何ができるか? 何をしなければならないか?」を常に考える中京フロンは、拠点や機材、技術の拡充に加えて人材育成にも努め、常に新たな発想と行動力で、新しい時代の要望に応え続けてまいります。今後もより一層のご支援を賜りますよう、お願い申し上げます。

経営理念
■総力を結集し事業に取り組み、事業を通じて環境の改善に貢献する。

■法を遵守し、社会から信頼される企業をめざす。

footer