中京フロン

企業概要

代表メッセージ

ごあいさつ

フロンという貴重な資源の循環を、
全国で拡充させていくために

日本では今、フロンの90%以上を海外からの輸入に依存しています。
その一方で、回収したフロンの約80%が破壊分解処理されているといわれています。
2019年から新たな生産規制・輸入規制も始まる中、フロンを回収して破壊分解処理するだけでなく、
資源として再利用することの重要性が、これまで以上に増そうとしています。
私たち中京フロンは1995年より業界のパイオニアとしてフロンの回収に取り組み、
2006年からはフロンの再生処理も開始。現在は47都道府県で年間350トン超を受入・回収、
うち200トン以上を再生しており、その量は年々増加しています。
今後、フロンという貴重な資源の循環を国内でさらに拡充させていく上で最大のポイントは
「物流の壁をどう乗り越えるか」だと考えています。
コストダウンやフロン漏えいリスク回避なども含めたさまざまな課題の解決策として、
私たちが今、目指しているのは「フロンの地産地消」です。
フロン輸送を担う協力業者のネットワークを全国に拡大するとともに、
各地の家電リサイクル工場の近隣にフロン再生センターを設立する計画を進め、
循環型社会の構築に貢献しています。また、食品流通販売会社との提携により、
廃棄する冷凍冷蔵装置からフロンを回収し、再生フロンとして再販するスキームを計画しています。
「今、何ができるか? 何をしなければならないか?」を常に考える中京フロンは、
拠点や機材、技術の拡充に加えて人材育成にも努め、常に新たな発想と行動力で、
次代のニーズに応え続けてまいります。
今後もより一層のご支援を賜りますよう、お願い申し上げます。

代表取締役太等 浩二

TOPへ戻る