中京フロン

企業概要

代表メッセージ

ごあいさつ

「業界のパイオニア」として、
循環型社会の構築に貢献できる企業へ。

我が国は、現在フロンの約90%以上を海外からの輸入に依存しています。
そして、使用済みとなり回収されたフロンの約80%以上が破壊分解処理されているといわれています。
この数字からも、輸入フロンへの依存率の高さがおわかりいただけると思います。
そんな中、2016年にルワンダ・キガリで開催されたMOP28(第28回締約国会合)では、
代替フロンを新たにモントリオール議定書の規制対象とする改正提案が採択され、
この「キガリ改正」により2019年より新たな生産規制・輸入規制が始まりました。
フロンを回収して破壊分解処理するだけでなく、資源として再利用することの重要性が、益々高まってきています。

私たち中京フロンは1995年より「業界のパイオニア」としてフロンの回収に取り組み、
2006年からはいち早くフロンの再生処理に着手しました。
現在は全国47都道府県で受入・回収したフロンの約半分を再生処理し、
安全性を徹底的に分析したうえで「再生フロン」として製品化しており、その量は年々増加しています。
また、私たちの強みは、空調機器や冷凍機の冷却に使用されているフロンの回収・再生・処理・販売までを
自社内にてワンストップで行えることにあります。
これらをトータルに手掛ける会社は全国的にも数少なく「中京フロンに任せておけば安心」と、
お客様からお声をかけていただくことが多くなりました。

そして今後、フロンという限りある資源の循環を国内でさらに拡充させていくうえでの最大のポイントは、
「協業体制をいかに構築するか」にあると言えるでしょう。
コストダウンやフロン漏えいリスク回避なども含めたさまざまな課題の解決策として、
私たちが今、目指しているのは「ネットワークの構築」です。フロン輸送を担う協力業者をはじめ、
フロン回収再生のネットワークを全国に拡大するとともに、各地の家電リサイクル工場からの
再生受入拡大を進めることで、世界的な潮流である循環型社会の実現に貢献できればこれに勝る喜びはありません。
また、ガス変圧器やガス遮断器などに使われているSF6ガスの回収や処理にも注力し、
東京・名古屋・大阪・浜松・富山といった産業の大動脈を網羅する拠店を生かしたフットワークで、
地元の同業他社様と同じスピード感・低価格での回収も実現できていると自負するところです。

これからも、私たち中京フロンは長期的視点を持ち、
しっかりと根を張った樹木が年輪を刻んでいくような、永続的成長企業へと舵を切ってまいります。
そのためにも「社員第一」を掲げ、すべての社員の物心両面の豊かさを追求し、
一人ひとりが能力を最大限に発揮できる体制や環境を創りあげることで、
既存事業の維持・向上と、新たな事業の柱の構築に努める所存です。
フロンに対するニーズや課題が多様化・高度化する中、コンプライアンスを遵守し、
お客様と社会の信頼に応えてまいりますので、
今後ともより一層のご支援を賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。

代表取締役太等 達宣

TOPへ戻る